【御茶ノ水・池袋・新宿・恵比寿・町田】東京の着付け教室。無料体験レッスン!

0800-222-3200

営業時間:10:00〜20:00電話受付:09:00〜18:00定休日:毎週金曜日・祝日・年末年始

MENU

下北沢 森巌寺 針供養

下北沢 森巌寺 針供養

春の着付け無料講座、お申込み、お問合せ、資料請求いただきありがとうございます。

本日は、針供養の日ということで、下北沢の浄土宗 森巌寺へ先生方と針供養へ行ってきました。

針供養とは、針を休めて供養し、裁縫上達を祈願、物への感謝の気持ちを大切にする伝統行事で

淡島さまの針供養の伝統は古く、世田谷区の無形民俗文化財にも指定されております。また

この日は、針仕事は休むとされています。

関東では、2月8日、関西では12月8日に行われることが多いようです。

今日は、気温が寒い一日でした。真野副学院長と楢崎主任講師です。

御堂の前で撮影

前には針塚が建立されています。

お堂の両脇に、大きな豆腐が。

こちらに、古針を刺して、おさめます。

本日は、着物姿の女性が訪れ、古針をおさめていました。

昔は、針を収め、感謝し、同時に裁縫上達を祈願していたとの事です。

こちらは、豆腐にさしてますが、こんにゃくに針をさすところもある層です。

花 京都きもの学院も上級コース、中等科は半衿付けで、針を使用します。

上級コースに進級して、生徒さんが真っ先に苦戦するのが衿付けです。

ただ、半衿付けは非常に大事で、着姿が綺麗に見えるかの第一歩。

外には、古針をおさめる大きな石製の箱が。

中には、古針がぎっしりおさめられています。

お堂に収めきれなかった古針をおさめる真野副学院長

日本では、古くから物にも魂が宿ると考えられていますが、

着付教室にとって、必須かつなじみの深い、針を供養して

あらためてものに対する感謝の気持ちを考えさせられました。

 

着付け教室のブログです。テーマは「下北沢 森巌寺 針供養」。着付け教室に通うなら【花京都きもの学院】へ。初心者でも安心の無料体験レッスン受付中!正統派の着物の着付け方法を、経験豊富な講師がやさしく丁寧に指導いたします。お子様に着せてあげたい、自分で着物を着れるようになりたい、そんなあなたにおすすめです。

受講申込み

最新のお知らせ

月別のお知らせ

最新ブログ

月別のブログ