花京都きもの学院情報

着付け教室 単衣のコーディネート

着付け教室 単衣のコーディネート

秋の着付け無料講座、お申込み、お問い合わせ、資料請求いただきありがとうございます。

さて、9月もいよいよ終盤になってきました。今回は、花 京都きもの学院の 単衣コーディネート

をご紹介いたします。

着物は時期に分けて、3つに分かれます。

10月から5月が袷の着物

6月と9月が単衣の着物

7月と8月は夏の着物

です。それぞれ、付属品や着物の素材が変わってきます。この三つの分け方が正しいかは、

現在温暖化の影響もあり、意見の分かれるところでもあります。洋服でも衣替えのタイミングが難しい

のと同じですね。今は単衣の時期なので、胴裏と八掛の裏地をつけない着物の着用になります。

10月になると袷の着物に変えますが、ズッシリと裏地の重みを感じると、着物は案外重量があるものだと

毎年感じます。

花 京都きもの学院 御茶ノ水校 所属の講師のコーディネート

単衣の京友禅の小紋に、染の名古屋帯。

すっきりとした講師らしい装いです。花 京都きもの学院では、

授業カリキュラムに沿った装いを講師は心がけており、その

講師のコーディネートを見るのが非常に楽しみな生徒さんが多いようです。

着物の着せ方の基本は、一番最初に紹介した袷、単衣、夏物のどれかを時期に

合わせて、きちんと選び、格、色、柄の順に合わせていきます。

格、色、柄に加えて四季、行事、自分の思惑などの表現を追加できると一流の装いですね。

こちらは助講師さんのコーディネート。

京都の老舗メーカー菱健さんの京友禅の小紋に、西陣織の名古屋帯。

助講師にふさわしいコーディネートです。

現在は、自由の名のもと、TPOが崩れ、いろんな着物が乱立しています。

食べ物にもいろんなジャンルがあるので、裾が広がることはいいことだと思います。

その中で、花 京都きもの学院は正統派着付け教室として、格、色、柄、をきちんと踏まえた

着物の装いをこれからも追及していきたいと考えています。

 カテゴリー

 アーカイブ

着付け教室のブログです。テーマは「着付け教室 単衣のコーディネート」。東京・大坂で着付け教室に通うなら【花京都きもの学院】へ。初心者でも安心の無料体験レッスン受付中!正統派の着物の着付け方法を、経験豊富な講師がやさしく丁寧に指導いたします。お子様に着せてあげたい、自分で着物を着れるようになりたい、そんなあなたにおすすめです。