花京都きもの学院情報

着付け教室 長襦袢の衿付け 新人講師研修 慰労会

着付け教室 長襦袢の衿付け 新人講師研修 慰労会

秋の着付け無料講座、お申込み、お問い合わせ、資料請求いただき

ありがとうございます。

昨日は、花 京都きもの学院 池袋校にて 着付け講師養成講座、

新人講師研修、講師会、講師慰労会と一日盛りだくさんの内容でした。

今回の授業は、長襦袢の衿付け。地道なことながら、

着付けがきれいに見えるには、衿元や衿が非常に重要で

ここをおろそかにしてしまうと着付けがきれいに見えません。

真野学院長が、長襦袢の衿付けについて、丁寧に解説していきます。

今回は、20名近くの講師、助講師、講師養成の生徒さんが参加されました。

この後は、着付け講師、新人講師研修です。本年度は、

2名の講師が新たに加わり、秋の着付け無料講座に向けて、

新人講師研修を一生懸命受講しております。

花 京都きもの学院は、学びに来た生徒さんが一日でも早く

着付けが上達できるよう、着付け技術の教え方は、統一されており

全8回無料着付け講座でも、一切手を抜くことはなく、8回で教えられる内容は

すべて教えております。

着付けや着物に携わるものなら、当たり前の用語でも、初心者には聞きなれないもの、

専門用語としては正しくても、着付け初心者には理解しにくい場合は、初心者の方でも

わかっていただける言葉と説明を特に気をつけております。

今回は、全8回 着付け無料講座の2回目 長襦袢の着方と

3回目 着物の着方をそれぞれパートに分かれて授業してもらいました。

講師、助講師、講師養成科の皆様が、聞いていただきます。

新人講師の模擬授業を聞いて、皆様からの厳しい言葉を頂戴することも

ありますが、これが非常に大きな講師の成長につながるのです。

学院長、副学院長からも用語の説明や順番など厳しく指導されます。

今回の御茶ノ水校 着付け講師のコーディネートです。

単衣の染小紋に、葵の柄の染名古屋帯。

帯〆にこれから秋に向かう色をさりげなくとりいれています。

帯姿。葵の柄が鮮やかですね。

花 京都きもの学院の講師は、当然のことながら、着付け講座の

カリキュラムにあった装いで授業に臨んでいます。

着物は確かに自由ですが、自由とはTPOを踏まえた自由であり、

何でもアリは、ただの無秩序です。

着付け講師新人研修の後は、月に一度の講師会でした。

現在、東京校は御茶ノ水校、池袋校、新宿校、恵比寿校、町田校の

5校があり、一堂に会することがなかなかないため、必ず月に一度の講師会で

顔を合わせて、情報共有、着付け技術の向上についての検証を行っています。

今回は、振袖帯結びの枕ののせ方について、考察でした。

少し時間が足りなかったので、また次回考察したいと思います。

夜は、お待ちかね、半期に一度の講師慰労会です。

あちこちで話が弾んでいました。

池袋校、山内講師、菅谷講師。先輩講師として、

山内講師がいろいろとアドバイス。

着付け講師新人講師研修を乗り越えて、自身の成長と

課題を語ります。

左から白崎副学院長、真野学院長、楢崎教室長。

来年度の花カレッジカリキュラム、認定式、11月の着物で散策。

着付師試験など、決めること、行うことが盛りだくさん。

いつも大変お疲れ様です。

花 京都きもの学院は、正統派着付け教室として、着付け技術の向上、

着こなしの向上、着物の知識の向上へ講師一同努めてまいります。

 カテゴリー

 アーカイブ

着付け教室のブログです。テーマは「着付け教室 長襦袢の衿付け 新人講師研修 慰労会」。東京・大坂で着付け教室に通うなら【花京都きもの学院】へ。初心者でも安心の無料体験レッスン受付中!正統派の着物の着付け方法を、経験豊富な講師がやさしく丁寧に指導いたします。お子様に着せてあげたい、自分で着物を着れるようになりたい、そんなあなたにおすすめです。